忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
31
朝ぼらけ有明の月とみるまでに 吉野の里にふれる白雪

坂上是則

●現代語訳
明け方、空がほのかに明るくなってきた頃、有明の月かと思うほど明るく、吉野の里に白々と雪が降っていることだよ。

PR
【2020/03/04 18:14 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
30
有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり憂きものはなし

壬生忠岑
【2014/07/05 14:19 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
29
心あてに折らばや折らむ初霜の 置きまどはせる白菊の花

凡河内躬恒
【2014/07/01 14:18 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
28
山里は冬ぞ寂しさまさりける 人目も草もかれぬと思へば

源宗于朝臣
【2014/06/25 14:17 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
027
みかの原わきて流るるいづみ川 いつ見きとてか恋しかるらむ

中納言兼輔
【2014/06/10 20:19 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
| ホーム | 次ページ>>